いつでも綺麗な水が使えるセントラル浄水器が便利

赤水トラブルを解消する

水道管

コストと効果に応じた対策

水道にまつわるトラブルの1つに、赤水というものがあります。これは、蛇口をひねると赤っぽく染まった水が出るという現象で、異臭を伴うこともあります。赤水の原因は、水道管内部に発生した赤錆です。古い水道管は鋼管に亜鉛メッキを施したタイプが主流でしたが、経年劣化によってメッキが剥がれた結果、錆びが発生して水に溶け出しているのです。錆びの混じった水は色やニオイが不快であるばかりでなく、管の内部に錆びが溜まって詰まりの原因にもなります。給水管赤錆対策は、水道管内部の状態を改善し、元のきれいな水を取り戻します。最も根本的な対策となるのは、水道管をそっくり新しいものに取り替えてしまうことです。最新の水道管は鋼管の内部を塩化ビニールでコーティングしてあるので、錆びの発生が抑えられるようになっています。水道管の交換には非常に高いコストがかかりますが、もっと割安な給水管赤錆対策もあります。たとえば洗浄です。錆び取り剤を管内に流し入れたり、サンドブラストで削り取ったりすることで錆びを取り除きます。最近では、水道管に微弱な電流を流し、電解によって錆びを剥離させるという方法も普及しています。洗浄による給水管赤錆対策と比べると管を傷めにくいという利点があります。また、工場などにおいては、水質自体を改善して錆びを発生しにくくするという給水管赤錆対策も有効です。具体的には、水の軟水化・純水化などを挙げることができます。